保育士の資格を取りたいなら専門学校について知ろう

実技も含めた対策のために

勉強する人

効率的な勉強法

保育士は、保育所などの児童福祉士施設において専門的知識及び技術をもって、子どもの保育を行うことを業とする者のことをいいます。保育士として業務に従事するためには、各県の保育士登録簿に登録される必要があります。この保育士の資格ですが、取得方法は二通りあります。一つは、都道府県知事の指定する保育士養成学校その他の施設を卒業すること、そしてもう一つは、保育士試験に合格することです。資格取得するために試験を受験することを選択する場合、試験に向けた勉強が必要となります。この試験の試験内容としては、学科として「保育原理」や「教育原理」といった基礎理論的なものから「子どもの保健」や「子どもの食と栄養」といった実践的な内容まで含まれます。そして、全体の6割を超える得点を取得することが合格の要件になります。また、さらに、実技試験もあり、音楽、絵画制作、言語の3分野のうち2つに合格する必要があります。この保育士資格の試験を独学で勉強すると学科の範囲も広です。また、実技試験については、採点基準が例えば単にピアノを上手に弾くというより、子どもに合わせて演奏できるかといった視点で採点されます。そのため、試験対策として適切な準備ができるか不安が残ります。これらの問題を解消するため、受験に向けた学校等に通い、試験に出るポイントを知識として重点的に教授してもらうのが得策です。実技試験の採点基準に合わせた実技指導を受けることにより、効率的に試験に向けた勉強をすることができます。保育士試験を受験される方は、この効率的な勉強法を活用して資格を取得されるとよいでしょう。