保育士の資格を取りたいなら専門学校について知ろう

子どもたちの成長を見守る

勉強する人

今最も需要が高い職業

働く女性が増えたことから、子どもたちを保護する保育園の拡充が早急に望まれています。このような状況から、保育士不足の問題が大きく取り上げられており、今社会で保育士は最も需要が高い職業と言われているのです。保育士は主に0〜6歳の乳幼児を対象に、子どもたちの心身の成長を見守る仕事です。乳幼児期は人間が最も大きく成長する時期とされるだけに、保育士の役割は非常に重いものといえます。そのため、保育士は国家資格を取得しなければ仕事につくことができません。保育士の国家資格を取得するには、養成課程のある大学や短大、専門学校で学ぶか、もしくは国家試験に合格するかの二通りです。最も多くの人が選択しているのは、養成課程のある大学等の学校で学ぶ方法です。通常の多くの国家資格は、国家試験を受験し合格することで取得します。しかし、保育士の国家資格は養成課程を修了することで自動的に取得することができるのです。もちろんカリキュラムは多く修了するまでにはかなりの努力が必要ですが、きちんと学ぶことで国家資格を取得できるという意義は非常に大きいといえるでしょう。保育士の養成課程を学ばなかった人でこの職業を目指す人は、国家試験を受け合格する方法が選択できます。この試験は、各都道府県で年に一回行われています。受験資格は特に厳しいものではなく多くの人が受験可能な試験ですが、ただし試験内容は非常に難しく、毎年合格率は10〜20%となっています。そのためしっかりとした受験対策が必要とされているのです。受験勉強は独学でも可能ですが、保育士通信講座を利用することでより効率的に学べると言われています。